弁護士の求人情報を集める方法とは?求人サイトを上手に利用

弁護士の求人情報を集めるには、やはり専門の求人サイトを利用した方が手っ取り早く見つかりそうです。

一般の求人サイトにも弁護士の資格が活かせる仕事の求人はありますが、それほど多くはありません。

できるだけ多くの情報を得てじっくり検討したいなら、専門の求人サイトがおすすめです。

《おすすめの求人サイトは》

弁護士の転職におすすめの求人サイトをいくつかご紹介すると、まずアットリーガルという法律、法務求人サイトです。

弁護士の公開求人が常時掲載されていますので、もし自分に合ったところが見つかれば応募できます。

そしてリーガルネットというサイトも弁護士専門の求人サイトです。

MS-JAPANというサイトも弁護士の転職におすすめのサイトになります。

《企業の求人から事務所の求人まで》

弁護士求人サイトは、一般企業や金融機関などで働く弁護士から法律事務所で働く弁護士の求人を取り扱っています。

企業は上場企業、メガバンクが多く、企業弁護士として働きたいならこういったサイトを利用すれば比較的簡単に見つけられます。

法律事務所でも大手の事務所がありますし、外資系の法律事務所の求人もあります。

《転職をサポートしてくれる》

こういった求人サイトに登録しておけば、一人ずつにつくキャリアアドバイザーが転職をサポートしてくれます。

良い求人が入ればすぐに紹介してくれますし、面接のサポートもしてくれますので自身を持って面接に行けます。

私もいくつかのサイトに登録し、活用したいと思います。

弁護士事務所で働きたい!求人はある?

現在転職活動中の弁護士ですが、知り合いが弁護士事務所で働きたいと就職活動をしています。

ここでは、弁護士事務所の職員の仕事内容についてちょっとご紹介しておきますので、参考にしてくださいね。

《法律事務所の職員も資格が必要?》

法律事務所の事務職員も、何か特別な資格が必要なのかとよく聞かれるのですが、資格は必要ありません。

また、法律知識についても、特に身につけておく必要はありません。

仕事をしていくうちに法律知識は身につきます。

法律に興味がある人ならすんなり覚えられ、仕事はこなせると思います。

法学部卒業でないとだめなのかというと、そんなことはありません。

どちらかというと法学部出身の人の方が少ないです。

《実際にどんな仕事をするの?》

求人情報を見ても、事務職員とあるだけで具体的な仕事内容がわからないことが多いですね。

事務職員は、主に法律事務と弁護士秘書のどちらかをすることになります。

法律事務は、弁護士が行う業務の補佐をします。

裁判所に提出する書類を作成したり、電話応対などが主です。

弁護士秘書は弁護士のスケジュール管理が主で、裁判所に行く日や依頼者との打ち合わせ、会議出席などのスケジュールがだぶらないように管理する仕事です。

《求人情報はどこで入手できる?》

法律事務所の事務職員であれば、ハローワークなどでも求人が出ています。

もちろん、求人サイトでも出ていることがありますので、こまめにチェックしておくことが大切です。