ETCカードは持っておいたほうが良い?

ETCカードは便利

利用頻度が少なくてもETCカードを持つべき?

ETCカードは持っておいたほうが良い?

高速道路の利用頻度が少ない人でも、ETCカードは持つべきなのでしょうか。

どのように考えるべきか、参考の1つとしてETCカード所有の割り切り方を考えてみましょう。

■頻度が低ければ無理をして所有しなくてもOK。

ETCカードの本来の目的は高速道路の料金所付近の渋滞解消にありました。

高速道路を頻繁に利用しない人にとっては、所有してもしなくてもいいようなものですが、最近ではETCカードの特典やポイント還元などのメリットが増えて、「どうせならETCカードを持っておこう」という人も少なくありません。

その一方で、カード自体の所有枚数が増えすぎて、使っていないカードの整理(解約)をすすめる人がいるのも事実です。

■暮らしの中での利便性や価値観を考える。

ETCカードを持つか持たないかは、結局のところ利便性や価値観の問題ですから、そんなに悩む必要はありません。

頻度が少なくて渋滞にも無縁というのであれば、わざわざ持つ必要もないでしょう。

必要性を感じたときには、新たにカードを申し込むのではなく、現在持っているショッピングカードに、ETCカードの機能を追加して使うこともできます。

よく使うショッピングカードのホームページに行って、提携先にETCカードがあれば追加でETC機能のついたカードを発行してくれます。

■日本のいまは“カード社会”と言われるようになりました。

無理をしない範囲で、ETCカードの利便性を享受できるかどうかを考えましょう。

カードは必要性に駆られて持つ人と、ポイント還元や特典の付与を目的に持つ人の2通りに分かれます。

自分がどちらのタイプであるかはわかっているはずですから、無理があるなら所有する必要はありません。

Copyright (C) hoty8.com. All Rights Reserved.

ETCカードは便利